Admin

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
仁ちゃんの言葉・・・。
仁ちゃんのマニュアル。





じっくり何度も読んでは閉じて読んでは閉じて。


ゆっくりと深呼吸をした瞬間。

自然に涙が溢れてきた。

ついにこの瞬間が来ちゃったんだ。
ちゃんと受け止めないと・・・。




『ごめん。ありがとう。そして楽しかった。』


この言葉に全てが含まれてるなぁって、思ったら。
涙は止まらなくなるの。


聴きたかった仁ちゃんの言葉。


もう、KAT-TUNが6人揃ってわちゃわちゃしているのを見れなくなる。

6人でダンスすることも。

クロストークをすることも。

全て叶わないんだなぁって思うと。
泣けてきて仕方がないの。



華南にとって、6人という存在は大きい。
自分で思っていたよりも。


華南は結成当初からファンっていうわけでもないけど。
デビューして。
ずーーっと。ずーーーーっと。
KAT-TUN6人でいろんな壁を乗り越えて行くんだと思ってた。


それももう・・・・。
願っても。
祈り続けても。
思い続けても。

叶わないんだね。




仁ちゃんが選んだ道。
5人が選んだ道。

それぞれ違う道だけど。
何が待ち受けているか分からない道だろうけど。

本人が決めて、歩いていく道なら。
華南は全力で受け止めるよ。


だって。
KAT-TUNが。

好きだから。
華南にとってかけがえのない6人だから。




いつか、2010年夏に出した決断が良かったね!って笑える日が来るように。



今は、いろんな思いがあっていいよね。
言葉に綴っているけど。
結局はぐちゃぐちゃ。

書きたいことの10分の1も書けてない。
言葉が全然見つからない。





仁ちゃん、ありがとう^^
華南の中では、KAT-TUNのAは永久に仁ちゃんのAだよー。





























ここからは、華南のちょっとしたつぶやき。


5人たちは、アリーナツアー&ワールドツアーをやると決めた時から。
覚悟を決めていたのかな?

覚悟と決意をするのに。
どのぐらいの時間を要したか分からないけど。

さいたまスーパーアリーナ、新潟、仙台、大阪で見た5人。

核心には触れなかったけど。
KAT-TUNでいることの大切さ。
KAT-TUNでいることの幸せ。

その言葉の裏には、覚悟と。
やってやるんだっていうのが垣間見れたような気がする。

いつも切々と語る亀ちゃんの言葉が胸に響いていたっけ。
今のこの瞬間、瞬間が大切だからって。

ファンを見る目が優しかった5人。
今、思い出すと。
一つ一つの点が一本の線になる。


そして。
16,17日の東京ドーム。

動じることなく、ファンを楽しませてくれたよね。
そんな姿にビックリするのと同時に。
本気の覚悟がハッキリと見えた。

会見で話した亀ちゃんの言葉。
「嫌々KAT-TUNやっても意味がない。」
この言葉が覚悟した人の言葉なんだなぁって思うと。

いてもたってもいられなくなっちゃうけど。


ファンに伝えたい気持ちがまだ言えてないのかもしれないけど。
いつか聴けるかなぁ?

華南は聞きたいです。
直接じゃなくてもいいから。
仁ちゃんみたく、ジャニウェブでもいいから。


5人が大切にしたいKAT-TUNっていう居場所。
これからも、変わらずに光続けられるように。


5人が笑っていられるように。






5人が守って行きたいっていうKAT-TUNの居場所。



笑っていられるように。




ありがとう☆










スポンサーサイト
【 2010/07/21 23:16 】

仁ちゃん☆ | コメント(2) |
悶々と・・・。
こんばんにゃ。

ちょっと時間が経って、昨日よりはほんのちょっとだけすっきりした頭で
久々にパソコンを開いています。


昨日は、怖すぎて。
面と向かって直面する気持ちまで持っていけなくて。
今もまだ、悶々としているの事実。


ちゃんと、今の気持ちを綴っておきたいから。











17日のKAT-TUNコン。


ネットやテレビで報道されているコトが、全く関係ないようにいつもどおり。

ううん。
いつも以上に気合が入ったメンバー5人がステージに降り立っていた気がする。

その姿を観て、胸が打たれた。

どんな風にコンを楽しんだらいいんだろうって、構えてたけど。
そんなコトは一瞬で消し去って、楽しくなっちゃった。


気づけば。

あっという間に、本編ラストの『PROMISE SONG』

不意に気づくと聖が頭を伏せて、歌っていました。
歌声が涙声。

亀ちゃんやゆっちもちょっとウルウルって来てるのかなって思ったら。

目頭が熱くなってくる。

どんな気持ちで歌っているかなんて、本人にしか分からないけど。
とっても切なくって。
とっても胸に響いた。


最後のフレーズで亀ちゃんが長く目を瞑って、パッと空けた時の瞳。
強く、強く。
ただただ、まっすぐ前を見つめていました。


亀ちゃんの挨拶の言葉。

ずっとずっと、アリーナツアーから紡いでいた言葉たち。

『KAT-TUNという居場所が大切』

『KAT-TUNでいれることが幸せ』

この言葉達に全てが込められているような気がして、涙が止まらなかったの。


この子達の覚悟が見えたから。





最後に「We are KAT-TUN』でファンも手を繋いで。
叫んだコト。
ドームが1つになった気がする。





捌ける時に、最高の笑顔で『KAT-TUN LIVE 最高!!』って亀ちゃん。
めっちゃイイ顔をしてたね。
楽しいっていうことが全身から伝わってきたよ。

その笑顔を観れるコトが華南にとって、最高に幸せなんだーって実感したんだ。

















5人から、核心をつく言葉は聞けなくて、なんで?とも思ったの事実だけど。
きっと、その言葉って今じゃないのかな?


いつか、仁ちゃんも含め6人の言葉が聞きたいよー。
てか、聞かせてください。

納得するっていうより。
それが筋って言うものだと思うから。





ジャニーさんの言う、秋以降に最終決定を下すっていう言葉。
まだ最終的なには決まっていないんだろうけど。
ほぼほぼ、決まっているんだよね。

だから、報道陣に伝えたコトなんだと思う。

だけど。


だけど。

時に言葉って残酷だから。
このタイミングでのその話の内容はすんごく重かったし。
消化出来ない。









どんな風に転ぶか、分からないけど。

華南は、どんな結末を迎えることになっても。
6人が好きなことには変わりないし。
ロクーンを応援して行きたい!

たとえ、違う道を進むコトになっても・・・・・。


それがKAT-TUNの出した答えなら。





でもでも。
何回も言うけど。
世間とか関係なく、仁ちゃんが脱退することなく。
KAT-TUNが6人でおじいちゃんになるまでわちゃわちゃしているのを見れたら。
本当に本当に一番の幸せなの。

でも、それを押し付けるのもちょっと違う気がするから。




いつか、聴ける言葉達を今は待つことにして。







今はともかく、WORLD BIG TOURの成功と、仁ちゃんのアメリカツアーの成功を
ただただ祈るのみです。











長くなっちゃったけど。
何がなんだか分からないね・・・。
(文章書きながら、泣けてきちゃうんだもん。)

今、思う華南の気持ちです。


【 2010/07/18 23:30 】

KAT-TUN☆ | コメント(0) |
おもうこと…。
頭の中が何か抜け落ちた?っていうぐらいに、空っぽで考えられない。

それぐらいに衝撃的だった朝のワイドショー。


何が正なんだか分からないの。
考えてももがいても分からないの。


ただただ思うことは、そういう話はKAT-TUN本人の口から聞きたかったなあ。
なんで、スポ紙から聞かなきゃいけないんだろう。
大切なことな気がするのに。

何がどうしたって、気持ちの整理はつかないけれど。



今日、亀ちゃん、じゅんの、聖、たっちゃん、ゆっちから感じ取れたらいいなぁって思います。
















KAT-TUNはロクーンがいい。
ただそれだけは変わらない事実。
【 2010/07/17 14:57 】

KAT-TUN☆ | コメント(3) |
Live日和~!!
どもども\(^_^ )( ^_^)/
華南でし。


今日から、WORLD TOUR初日の東京ドームだよん
華南ももち、参戦

ドキドキというか。
亀ちゃんに逢うことだけを励みにしてきた2週間だったから
今日が待ち遠しくて、仕方がなかったりするのです。

同僚たちも、「KAT-TUNのライブに行くためにもがんばれ」って励まされてきたし。
ちょっと感慨深い今日だったりするんです。


どんなセットリストになってるのか、考えるとワクワクする~!!


それにしても暑いけどね~



でわでわ。
いってき
【 2010/07/16 13:05 】

コン☆ | コメント(2) |
☆★はっぴぃーばーすでぃ★☆
Dear 仁ちゃん


26歳の誕生日、おめでとう~♪

仁ちゃんにとって、7月4日を迎えた今日は笑って過ごせてるのかな?
アメリカで頑張っている仁ちゃんを聞いたりすると、微笑ましく思うんだけど。
ときどき、ふと寂しくなっちゃったりするの。

悲しいコト。
嬉しいコト。

いろ~んなコトがあった1年だったけど。

仁ちゃんの姿が見えなくても、頑張っているってことがちょっとずつ。
時間が経つことに、分かってくる今。

心の底から頑張れーーーーー!!!って思う。




仁ちゃんが戻ってきた時。

仁ちゃんの笑った顔が見たいから。

どうか、どうか。
笑顔で毎日が過ごせますように。





毎日。この一瞬を大切にね★



仁ちゃんにとって過ごす1年が、穏やかで忘れる事が出来ない1年になりますように。









こんばんにゃー


いつの間にやら6月が終わっちゃったね・・・。
1年の半分が終わったんだーって思うとですね。

うーん、、、、
なにがなんだか・・・。
みたいな。テヘ。


なんとか、生きてるけど。
本当に全然余裕がないよ。

気づけば6月の残業時間、36時間。
人生最高時間。

そんな忙しい中、7月から新入社員が1人。
教えるのは華南じゃないけど、いろんなしわ寄せがやってくるのは事実で。
たった2日が終わっただけで、ぐったり。

この週末、ぐーたらと過ごさせて頂きました(笑)



どうやら、去年から落ち着かせてくれないみたい。
おかげで住民税上がっちゃったし。




でもでも。
文句っていうか、愚痴ってられないよね。
こんな中でもKAT-TUNに会いに行ったり出来てるし。

それだけが、華南にとって1、2を争う癒しかもしれないなぁ。
(もう1つは、友達に会うコトです♪コレ、大事^^)





ブログ書こうとしても。
こんな感じで、日常が会社一色って感じだから。
また、こんな感じで時々しか顔出せないかもだけど。

いろいろ、KAT-TUNのコト追ってけるように!!


(ようやく年始のKAT-TUNのオキテを今日、見たぐらい(爆))



ではでは。

華南でしたーーー♪




see you again!(*ゝェ・)/~☆Bye-Bye♪






☆*゚ ゜゚*☆ランキングに参加中です
ポチッと押して頂けると励みになりまぁす☆*゚ ゜゚*☆

ジャニーズブログランキング











【 2010/07/04 21:23 】

1年に1回の大事な日☆ | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。